メリットとデメリット

赤ちゃんを出産すると多くの母親は母乳育児を希望します。それは母乳には多くのメリットがあるといわれているためですが、ここでそのメリット、デメリットについてみていきましょう。

まず母乳は消化吸収がよく、浸透圧が血液と同じなため、もし間違って気管に入ってしまっても安全です。そのほかに、母乳には赤ちゃんを感染から守る作用、抗菌作用や抗アレルギー作用もあるうえ、人工栄養には含まれない免疫抗体、ホルモン、生きた細胞や酵素などが含まれています。また、腸内の乳酸菌などを増やすので、母乳で育つと胃腸の丈夫な赤ちゃんになります。赤ちゃんの成長に合わせ、母乳の成分は少しずつ変化し、必要なビタミンや、たんぱく質、ミネラルなどを摂取できます。1回の授乳でも最初は水分が多く薄く、終わりのほうには脂質が多くこってりした味になるので、自然に赤ちゃんは満腹になり、飲みすぎるということがありません。

その他に母乳のメリットとしては飲ませたい時にいつでも授乳でき、調乳の手間がないので、衛生面に気を付ける必要がないことや、外出、旅行、災害時などでも特別な道具が必要ないので困ることがないことなどがあります。またデメリットとしては、授乳を別の人に代わってもらうことができず、授乳しない時間が長時間になるとお乳が張ってしまいますし、夜間にも起きて授乳しなければなりません。母親の食事や水分の摂り方がお乳の出方に影響することや病気、ストレス、睡眠不足など母親の体調が影響し、母親が病気になっても薬を服用できないこともデメリットといえるでしょう。